29 January 2021

株式会社カンパネラ×オプト.デュオ
~機能性~対談シリーズ2

SHARE ON

岩佐さん
 
この企画が始まったのは今年の2月ぐらいからでした。サングラスのほうは作り始めたら早かったんですが、今回は新しい試みとして付属品のグラスコードやサングラスケースの制作も同時に進めていたので、3つ全部揃うには少し時間がかかりました。発売は来春を予定しています。

本格機能に加えてファッション性も兼ね備えたサングラス(グラスコード、ケース付き)。オープン価格/DVERG(ドベルグ)

齊藤
へえ、このケースいいですね。サングラスを入れようと思っても、なかなかこんなケースは売ってないもんね。

堀川さん
ケースにも付加価値をつけたかったので、登山用リュックなどにもよく使われているX-Pacという丈夫な生地を使っています。例えば岩に擦れても破れないようなスペックの高い生地です。最近はボディーバッグが売れ筋なんですけど、その中でもこれは本当に小さいタイプで、必要最低限な物しか入れないでおくみたいな。例えば小銭入れやスマートウォレットみたいに、お札を折りたたんで使う人にもちょうど良いサイズです。とにかくライフスタイルにおいて、汎用性があるものにしたかったんですよね。

岩佐さん
完成したサングラスは丸型と角型の2種類です。フレームカラーが5種類(レンズは生地に合わせた2色)、グラスコードはフレームの色に合わせて2色のバリエーションがありますので、ファッション性の高い商品に仕上がったと思います。

齊藤
サングラス本体はキャンプをするときに便利な機能を搭載しました。例えば料理をする時に水分や油分がレンズに付着して、それを拭くと横へ伸びたりすると思うんですけど、なるべくそういうものを弾くようなコートを施しています。それとレンズの内側にARコートと呼ばれる反射防止コートを施して、かけた人の後ろ側の景色がレンズに映り込まないように配慮しています。逆にレンズカラーはそれほど特殊なものではないんですが、比較的に違和感のない色味(ブラウン、グレー、グリーン)をセレクトしました。特徴としては、グラスコードをしっかり付けられるものにしたいという要望があったので、テンプルエンド部分に独自の切り込みを入れて、グラスコードが落ちにくい仕様になっていますね。

堀川さん
グラスコードってそれ用に作られていなくて、後から付けるものなんで、意外と引っかからなくてメガネが落ちちゃうんですよね。

齊藤
そうそう。僕が最初に作ったサンプルもコードから外れやすかった。だから上下の切り込みの深さやそれぞれの角度も調整して、どうしたら引っ張りに強くなるかなど、いろいろ確認しながら作りました。完成したものはちゃんとコードが付けられて、なおかつ外れにくいようになっていると思います。僕は今までグラスコードありきでサングラスを作ったことはなかったし、これまでの市場にも出ていないと思う。これはアウトドアのプロならではの発想だよね。

堀川さん
そうかもしれない。でもキャンプだけじゃなくて、ファッションサングラスとしても使えるようになっているので、普段使いにもおすすめです。近年ファッション(流行)でキャンプをしている人も多くなっていますよね。このサングラスもかけると格好良くて、しかも使いやすくて機能的にキャンプができるって感じのものにしたかった。使うシーンから仕舞うシーンを意識したアイテムで、どれをとっても単体として使える小物になっていると思います。

(次回へ続く) (前回を読む)

※この取材は2020年年末に行われたものです。

SHARE ON

RECOMMENDED ARTICLES

spec espace クリエーティブディレクターより①  

05 February 2020

有限会社オプト.デュオ 代表取締役 山岸誉 インタビュー 第3回

20 September 2020

spec espaceクリエーティブディレクターより24

26 July 2021

spec espace クリエーティブディレクターより14

21 December 2020

Zoomスポーツ対談:グラスアーカス×埼玉武蔵ヒートベアーズ・宮之原健氏×オプトデュオ  第2回~フィッテイングと矯正のポイント~

10 May 2021

specespaceクリエーティブディレクターより⑧

30 June 2020