specespace クリエイティブディレクターより18

13 April 2021

specespace クリエイティブディレクターより18

SHARE ON

コロナ禍による巣ごもりの反動なのか、キャンプなどのアウトドアが流行のようです。そこでアウトドアのサングラスはどのようなデザインであったか調べてみました。結果、70年代~80年代にアウトドア、スポーツサングラスのデザインに特徴的な傾向がみられました。

その当時はティアドロップ型のサングラスが人気だったようです。もともと、ティアドロップは1930年代に誕生し、第二次世界大戦時のアメリカ軍がパイロットのサングラスとして採用した形です。

しずく形を少し垂れ目にしたレンズシェイプで、パイロットが酸素マスクの邪魔にならない、計器の見やすい形と言われています。ナス型とも言われていて、戦後マッカーサー元帥が日本に着いた時もかけていました。

そんなティアドロップのサングラスは70年代~80年代のアウトドア・スポーツ用サングラスとして日本でも人気のデザインとなったのです。アメリカの文化、特にアウトドア文化を紹介した『Made in U.S.A.カタログ』(1975年 読売新聞社)や『ヘビーディーティーの本』(1977年 小林泰彦著 婦人画報社』などに多く登場しています。

SHARE ON

RECOMMENDED ARTICLES

Zoomスポーツ対談:グラスアーカス×埼玉武蔵ヒートベアーズ・宮之原健氏×オプトデュオ 第5回~ビジョントレーニングの可能性~

10 August 2021

spec espace クリエーティブディレクターより⑦

13 June 2020

大阪府立大学 吉井泉准教授インタビュー 第2回

27 July 2020

spec espaceクリエーティブディレクターより27

15 September 2021

2021年度グッドデザイン賞を受賞しました!

22 October 2021

spec espace 2021 A/W Collection ~第3回 メガネの魅力を再発見~

30 November 2021