13 April 2021

specespace クリエイティブディレクターより18

SHARE ON

コロナ禍による巣ごもりの反動なのか、キャンプなどのアウトドアが流行のようです。そこでアウトドアのサングラスはどのようなデザインであったか調べてみました。結果、70年代~80年代にアウトドア、スポーツサングラスのデザインに特徴的な傾向がみられました。

その当時はティアドロップ型のサングラスが人気だったようです。もともと、ティアドロップは1930年代に誕生し、第二次世界大戦時のアメリカ軍がパイロットのサングラスとして採用した形です。

しずく形を少し垂れ目にしたレンズシェイプで、パイロットが酸素マスクの邪魔にならない、計器の見やすい形と言われています。ナス型とも言われていて、戦後マッカーサー元帥が日本に着いた時もかけていました。

そんなティアドロップのサングラスは70年代~80年代のアウトドア・スポーツ用サングラスとして日本でも人気のデザインとなったのです。アメリカの文化、特にアウトドア文化を紹介した『Made in U.S.A.カタログ』(1975年 読売新聞社)や『ヘビーディーティーの本』(1977年 小林泰彦著 婦人画報社』などに多く登場しています。

SHARE ON

RECOMMENDED ARTICLES

『spec espace』シリーズ イノベーションストリームKANSAIに出展

26 December 2019

有限会社オプト.デュオ 代表取締役 山岸誉 インタビュー 第3回

20 September 2020

spec espace クリエーティブディレクターより④

15 March 2020

spec espace クリエーティブディレクターより⑨

06 July 2020

spec espace 2020 winter collection

16 November 2020

spec espace クリエーティブディレクターより11

17 September 2020